• A magna ollam de alchemist

    何故?

    Inductrixは安定した飛行が可能な良い機体ですが、Flight Controllerの調整ができないので、自分仕様のレース機にするのは難しそうです。そんな中、ヤフオクでジャンク品として出品されていたのが↓のドローン。なにやら受信器の仕様が不明の為ジャンク品扱いになっていましたが、FC、モータ、カメラ、フレームは使用できそうです。怪しげな品でしたが¥4,500で落札することができました。

    何を?

    到着した物品をさっそく分解。受信器はFCとは別物で、多分これ↓

    Mini FUTABA 互換受信機 8Ch 2.4Ghz S-FHSS 軽量型

    どうやら余分なコネクターを外は外され、S-FHSS用のppm出力コネクターに結線されていました

    FCは基板レイアウトから推察するにこれ↓

    Acro Tiny SP Racing F3 EVO Brushed Flight Controller

    ↑のサイトから、基板への配線方法ややCleanFlightでの設定方法が記載されたマニュアルをDLできます。

    また、カメラの詳細は分かりませんでしたが、付いていたのはこんな↓もの

    これらの受信器やFC名から検索した結果、この機体は↓のサイトで販売されたHyperWhoopなるもののようです。サイトの情報によれば、うまく設定すればレース機として十分使えそうです。

    WAD公式ドローンショップ

    何した?

    というわけで、T8SGのS-FHSSモデルを使用しさっそくBindです。受信器のボタンを長押し、LEDが点滅⇒消灯⇒点灯。Bindが完了したようです。試しにプロポのプロトコルをS-FHSSにしたモデルで、スティック操作してみましたが、なんの反応もありません。FC基板とPCをマイクロUSBケーブルで接続し、BetaFlightでFCの設定を確認しようとしてみましたが、接続用のCOMポートが表示されず、接続できません。そうこうしているうちに、受信器のLEDが点灯しなくなってしまい、なにをやっても点灯しなくなってしまいました。どうやら、接続は失敗のようです。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA